【マキオン】Gガンダム大敗北 希望の未来へレディー・ゴー! ゴッドガンダム修行日記その1

神のガンダムって…つまり最強ってことじゃん…

皆様は「機動武闘伝Gガンダム」はお好きでしょうか?

僕は幼い頃に父親に観せられ、「よくわかんないけどゴッドガンダムかっこいい!」って思いながら視聴していました。

特に最終回が内容はよくわからないけど感動したため、何度もすみや(静岡のTSUTAYA)で最終巻をレンタルして観返していました。

だから本編の内容はよくわからないけどゴッドガンダムがかっこいいことと黒幕がウルベなことだけ知っています。

こんなにゴッドガンダムが大好きな僕ですが、バーサスシリーズにおいては全く使うことはありませんでした。

だって使いづらいことこの上無いんだもの

ガンダムVS NEXT、無印エクバ、フルブースト、マキシブースト、ON、エクバ2…

こんなにもたくさんのバーサスシリーズをプレイしてきたにも関わらず、僕はゴッドガンダムを一切使うことがありませんでした。

ブーストダッシュをするとただ走るだけだし、射撃戦は不得意だし、格闘コンボはすぐカットされるし、ゴッドフィンガー決まらないし…

しかし最近Gガンダムのアニメを視聴したことで本格的にどハマりし、

やっぱりぼくもゴッドフィンガーしたい

そう強く思うようになり、僕のゴッドガンダム修行…言うなればギアナ高地編がスタートしたのでした。

 

まずは使ってみた

とにもかくにもまずはゴッドガンダムを使うことにし、ランクマッチへと潜りました。

降格しました。

もう、びっくりするくらい、かてませんでした。

そろそろ大佐になれそうだなと思っていた大事な時にゴッドガンダムで10連敗くらいし、酷くショックを受けたのを覚えています。

まあ、だったらいきなりランクマッチで使うなって話ですよね。

ゴッドの何がヤバいかというと

 

まず、めちゃくちゃ敵の攻撃が当たります。

こちらは地面を走って動いているので機動力が悪く、相手のちょっと誘導が強めの武装にいとも簡単に当たってしまいます。

 

次に、ゴッドガンダムの攻撃が全く当たりません。

マキシブーストは簡単に攻撃が当たるゲームではありません。相手も全力で逃げます。

それにしたってこちらの攻撃は全く当たりませんでした。

マスターガンダムが確か横格闘の食いつきがよかったのでその要領でゴッドガンダムでも拳を振り続けてみたのですが、永遠に拒否され続け、いつの間にか体力が減り自分が追われる立場になっているということばかり起きました。

 

そして、ゴッドフィンガーが完走できません。

敵の攻撃を受けながらも必死に近づいていき、ついに念願のゴッドフィンガーで相手を掴むことができても、すぐに相手の仲間が助けに来てヒートエンドすることができません。
すごい熱い手で掴んで終わりになってしまうことが多々ありました。

 

攻撃を当てることができず

攻撃を避けることもできず

 

格好のカモとなった私が速攻2落ちして敗北というパターンで何度も負け続けてしまいました…。

 

こいつ射撃武装あったんか

今回学んだことは、ゴッドガンダムは射撃を丁寧に当てていくのが大事だということ。

メイン射撃のゴッドフィンガー溶岩放出攻撃は使いこなすと非常に強力な武装で、これを当てて相手を炎上スタンさせてから攻撃を当てるのが重要なんですね。

 

そして他にも射撃武装があり、特殊射撃のゴッドフィールドダッシュ中にメイン射撃を押すと斬撃を飛ばすことができます。

これは弾数に制限が無いため積極的に撃つと良いです。

ただ足も止まりますしブーストも消費するので、これを撃つことに夢中になりすぎていると結局反撃を受けます。

どちらかといえば溶岩の方が大事ですが、溶岩の弾数は2発と少ないので、この斬撃を織り交ぜてここぞというときに溶岩を出しましょう。

 

あともう一つはチャージ射撃の石破天驚拳です。

メイン射撃ボタンを押してため続けることでレベル1、2、3と威力や性能が上がっていきます。

オススメはレベル2だそうで、レベル1だと弾が小さいし、レベル3だと弾速や誘導が落ちるんですね。

一応レベル3にはサンクキングダムの巨大な建物をくぐり抜けることができるというメリットが存在しますが、これはメリットが存在しないも同然なので多用しなくて良さそうですね。

レベル2は強誘導かつ160ダメージが出せるので、後落ちの2500コストに向けて放てば、相手は覚醒抜けができずにやられていきます。これは強いですね!

 

今回の学びは、

「横格闘振っても当たらん」

でした。

今後は射撃を当ててから格闘を入れるよう工夫してみようと思います。

 

ではでは

 

ライター:はるか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です